AGURI.net

料理

農家が教えるおいしい野菜の食べ方 ~さつまいも~

農家が教えるおいしい野菜の食べ方 ~さつまいも~

農家直伝の技でさつまいもを美味しく食べよう

味覚の秋・食欲の秋がやってきました。

秋野菜のさつまいもも土の中で栄養を蓄え、すくすく成長しています。もう収穫された農家の方も多いのではないかと思います。

今回は、旬の秋野菜で、子供から大人まで大好きなさつまいものおいしい食べ方を3つ厳選して紹介させていただきます。

是非お試しください!

焼き芋(ふかし芋)

まずは、そのまま焼き芋で食べてみてください。さつまいもの甘みを一番感じられます。

また、大きすぎるさつまいもだと調理が大変であるのに加え、蜜が少なめなので、小ぶりものがおすすめです。

焼き芋の甘い香りと旨味を是非感じて下さい。

【材料】

・さつまいも(大きすぎないもの) 3本くらい

【作り方】

1.さつまいもを水洗いする。

2.アルミホイルでさつまいもを包む。(水を少しつけるとぴったりくっつきます。)

3.中温(600Wか750W)で10分ほど焼き、高温(900Wか1000W)で20分ほど焼く

4.お箸で刺して、すっと通れば完成。

ASOBI農園からのヒトコト

焼き芋は時間がかかるので、蒸し焼きにするふかし芋もおススメです。

バターをのせてもバツグンにおいしいです。

その② さつまいもご飯

さつまいもの甘さとごはんは相性が抜群です。昔ながらの懐かしい味です。

【材料】

・米 3

・さつまいも 1

・みりん 大さじ1

・酒 大さじ1

・塩 小さじ1

【作り方】

1.さつまいもを良く洗い、皮のまま一口サイズに切る。

2.ご飯を洗い、炊飯器に水を普通に入れて、みりん・酒・塩・さつまいもをいれる。

3. 炊飯スイッチを押す。

ASOBI農園からのヒトコト

ごま塩等ふってもおいしいです。

その③ スイーツ(大学芋)

【材料】

・さつまいも 2

・みりん 大さじ23

・砂糖 大さじ8

・水 大さじ2

【作り方】

1.  さつまいもの皮をむき、乱切りし、水に3分ほど浸す。

2.水気をとり、5分ほどあげる。(クシをさして中まで通ればOK)

3.みりん・砂糖・水を合わせてカラメルを作る。

4.あげたさつまいもを絡める。

5.冷やしてカラメルが固まれば完成。

ASOBI農園からのヒトコト

3時のおやつに大学芋。黒ゴマをかけたら香ばしくなります。

 

皆様、さつまいもはご飯、汁物、炒めもの、煮もの、デザート等調理しやすい野菜です。

食欲の秋は、旨味と甘みとたっぷりのさつまいもを食べて、寒い冬に備えてください。

ASOBI農園のさつまいもも是非、ご賞味ください!

ASOBI農園は、皆様に本場の野菜のおいしさ、農業のすばらしさを伝えていきます。

ASOBI農園 代表

RELATED POSTS

関連記事